Skypeの閉じるボタンを押したとき、タスクバーから消えるようにする

OSはWindows7 64bitです。
Skypeをバージョン6.1.73.129にアップデートしました。

以前までは閉じるボタンを押したときにタスクバーからボタンが消え、タスクトレイにのみアイコンが表示されている状態になりました。
しかし、Skypeのアップデートを行ったところ、閉じるボタンを押してもタスクバーにボタンが表示されたままになってしまいました。

解決手順

  1. Skypeを互換モード "Windows Vista (Service Pack 2)" で実行する
  2. (1を行ってもだめなら) Skypeの設定をリセットする


今回、私はSkypeフォルダをリネームすることで解決しました。
ただ、設定をリセットすればいいだけなので、設定ファイルと思われるshared.xmlのみをリネームまたは削除することでも解決するのではないかと思います。